自分も相手も行動している 縁マリッジの婚活法9

結婚相談所に入ったらまずは自分が会いたいと思う方にお申し込みをする!
年齢や地域といった譲れない条件を頭に入れて検索して選んでいくと良いと思います。
前回書いた下記の基本ルールを頭に入れ、自分が出来る範囲でお申し込みをしていくのです。
そしてお申し込みをすれば、お相手からお見合いを受けるかどうかの返事が届きます。
当会が所属しているIBJの場合は10日間以内に、他の協会は2週間以内に原則返事が来ます。
更には人気のある方はお申し込みをしている間に自分にもお申し込みが来る事も多々あります。

注意して欲しいのは前回書きましたが相談所にはルールやマナーがあります。
主要な所というか注意して欲しい点をいくつか書いておきますと
・決まったお見合いはキャンセルしてはいけない
・お見合いが決まったら遅くとも2~3週間に内にセッティング実施する
・お見合いの返事(もう一度会うか会わないか)は翌日お昼までにする
・基本的にお申し込みをした側がお相手の指定の場所でお見合いを実施する等など

お申し込みのルール 縁マリッジの婚活法8 より

お見合いは一期一会の精神が大事ではあるけれど・・・

本当は一人ずつお見合いの申し込みをしていくことが理想です。
一期一会ですからお一人ずつ、じっくりと向き合う方が集中してお見合いできるのは間違いないです。
しかし一人ずつ申し込みをしてお返事を待って、お断りが来たら、次のお申し込みをする・・・。
お見合いの返事が遅い方も中にはいますからね。(遅いには遅い理由があります。後述)
そんな繰り返しですと1か月で2~3人しか申し込みが出来ないですよね。
1か月があっという間に過ぎてしまいます。とても気持ちが焦りますよね。

自分が行動できる範囲で積極的にお申し込み

そこで自分で出来る範囲で複数でお申し込みをして行くスタイルが最近では主流になりました。
では一度に何人くらいを申し込めばいいのでしょうか? 単純に答えを出すのは難しいです。
何故ならば、お見合いが組みやすい人もいれば、少し組みにくい(難しい)人もいるからです。
お見合いが組みやすい人とは、自分の市場価値&相手の気持ちがわかる人です。
極端な例だと、見た目が若そうな50代の条件が良い男性だとしても20代の女性希望では超厳しい。
100%無理とはいいませんが、難しいという自分の相場が理解できて、相手にも迷惑かなと思える人。

自分の人生ですから、自分が納得いくようにするのも大事!

1%の確率でも私は条件を緩める気はありませんという方は、それでいいと思います。
かなり年上の男性希望という女性もたまにいますから、チャンスはゼロではないですからね。
但しお見合いが成立する確率も、またお見合いが出来ても交際になる確率は低いということです。
確率がゼロではないので、そういった婚活を目指す方は相談所の方にそう宣言すればいいのです。
難しいものは難しいとわかった上で婚活をされるのであれば、特に問題はないかと思います。
しかし、そのような婚活をしてると1年位すぐに過ぎます。その分自分の年齢も上がっています。

理想が高い人ほど、競争相手は多くなる婚活になります

それと婚活の最初の頃はどうしても皆さん競争相手が多い異性の方を選ぶ傾向が強いです。
女性で言えば自分と年齢が近くて年収も身長も学歴も高めで優しそうな方を選びます。28,9才の女性ですと「年齢35才まで、大卒、年収4~500万以上、出来れば身長170㎝以上の男性」みたいな。そうすると人数も絞れますが皆さんが同じ様な相手を選ぶケースも増えてきますね。
ライバルが多い分、お断りの返事が来る確率も高くなるのは仕方がないです。
またお見合いのお返事が遅くなることも多くなると先ほど書きましたが、条件の良い男性は毎週の様にお見合いのセッティングをしている位に忙しいので返事が遅れるケースも多いのです。

お見合いのお返事は「承諾する」か「ごめんなさい」の二択

結婚相談所の婚活の基本スタイルは会員システムでの「お申し込み」からです。
そのお返事は「お見合いを承諾する」か「ごめんなさい」という二択になるのです。
会員さんによっては「ごめんなさい」をもらうと、振られたような気持ちになる方もいます。
しかし申し込まれた人すべてに「OK]の返事をする人はいませんのであまり気にしない事です。
そしてもう一つ、「期限内不成立」という(少しストレスのかかる)答えもあるのです。
それはどういうことかといいますと、IBJで言えば10日以内に返事が出来なかったケースです。

期限内に返事が出来なかった時は自動的に「期限内不成立」に

よくあるのは他の見合いが数件決まっていて、そのお見合いの結果次第で「受けるか断るか」返事をしようと思ったが、その最初のお見合いで仮交際になっってしまった。お付き合いの事や他の決まったお見合いの事も考えると、今の状態ではこれ以上お見合いは出来ない・・。
それで結局、断る理由は無く出来たらお会いしたい相手だけどタイミングが合わず、そうこう考えてて返事が出来ないままに期限の10日が過ぎ11日目に自動的に「お断りマーク」になってしまうのです。システム上、仕方がない事とはいえ、これが現在の結婚相談所の少し勿体ないシステムです。

お見合いの返事が遅い時もあるのは相手も行動しているから

とはいえ、身は一つなので一度に大勢の方と同時にお見合いをするわけにはいきません。
人気のある方には人気のある方の、ある意味贅沢な悩みも存在するわけですね。
人気がありそうな相手にお申し込みをすれば、そんなストレスもあると覚えておくと良いです。
お申し込みの心構えとして「返事が遅い人もいる」と理解しておくと気持ちが少し楽になります。
そういった事も頭に入れ、「1人」もしくは「2、3人」から「4、5人」程度申し込みしましょう。
次の週までにお見合いが決まらなければ、また人数を調整してお申し込みをしていきましょう。

自分がリズムよく活動できる婚活スタイルをみつけよう!

そしてお見合いが決まったら、自分からのお申し込みはいったんストップする。
決まったお見合いに向け集中していきましょう!
縁マリッジでは基本的にそのような婚活スタイルを提唱しています。
しかし、実際にはなかなかこのようなスタイルもできない事も多いです。
何故ならば、自分からの申し込みはストップしても自分にお申し込みは来ますからね。
自分に来たお申し込みの中で会いたいと思う方がいれば、そこでもお見合いは決まりますから。

自分も相手もそれぞれに動いているからこそ

自分も動いている。
まだ見ぬお相手も動いている
それぞれに動いている中で「タイミング」が合い、お会いできるのが縁なのですよね。
その一期一会の ご縁を大切にお見合いという出会いに向き合って欲しいと願います。
次回は、お相手からのお申し込みの受け方についてになります。
お見合いは「お見合いを申し込む」と「お見合いを受ける」で成り立っています(*^-^*)

縁マリッジの婚活法 シリーズ

サポート型結婚相談所 縁マリッジの婚活法

お気に入り(マイタイプ)~縁マリッジの婚活法2

お見合いはお互いの面接 ~縁マリッジの婚活法3

婚活エネルギーの回し方 ~縁マリッジの婚活法4

選び方、選ばれ方 ~縁マリッジの婚活法5

選んだら申し込む ~縁マリッジの婚活法6

お見合い申込の作法 ~縁マリッジの婚活法7

お申し込みのルール 縁マリッジの婚活法8

10日に1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、
無料相談の際に相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

■ 無料説明(相談) 空き日時一覧表 ■
reserve2


婚活・人気ブログランキングへ

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある結婚相談所・縁マリッジのBLOGです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。