【釣り合い】選び方を制するものは婚活を制す!【5】

結婚は釣り合いとよくいいます

釣り合いがとれている相手かどうか・・・。
それは昔から言われているように、結婚する上でとても大切な要素になります。
性格や価値観、容姿、学歴、職業、そして家庭環境など色々あります。
釣り合いが取れる、自分とのバランスがよい状態の相手だと何より「楽」です。
釣り合いが取れるお相手だと、お互いが居心地がなんとなく良いと感じる筈です。
居心地が良くて、気が楽な相手と出会えた時に、婚活はあっという間に終わります。

※2014年6月に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2021年12月5日に再度公開しました。

選び方が上手な方は婚活期間が短い

なんとなく釣り合いがとれている相手の選び方はとても大事。
自分と釣り合いの取れる相手を選ぶことが何となく上手な方の婚活期間は短い傾向です。
逆に釣り合いが取れるかどうかなんてお構いなしに婚活されている方は時間が掛かるようです。
例えば先日の【自分のスキル】選び方を制するものは婚活を制す【4】のブログ記事で書いたように、年齢の離れた若い女性ばかり選んでいる男性の婚活はとても時間がかります。
その間に自分も年を取ってしまうことに気が付かない位に時間がかかります(笑)

自分の市場価値を客観的に見てみよう

選び方が何となく上手な方の特徴はおそらく「自分をよく知っている」ことだと思います。
自分の事を過大評価もせず、また過小評価するでもない等身大の今の自分を知っている人。
これは男性も女性も同じです。婚活の基本中の基本は「己を知る」ことかもしれません。
20代の頃と30代、40代の今の自分とでは違って当たり前ですが中々実感するのは難しいもの。
婚活市場というものがあるとすれば、今の自分はどの辺りにいるのか意識することも大事。
自分ひとりが多数の異性を相手に婚活しているのではなく、同性のライバルも多いのです。

自分だけが選べるのでしょうか??

自分だけが自分の好みや条件だけで選んでいるうちは、うまくいかない事が多いです。
相手の気持ちを全く考えないような選び方に「真の思いやり」は無いからです。
子供が欲しいという理由で、若い女性を選ぶ男性に女性側の視点はどれ位あるのか?
10年後、20年後に、女性が安心・納得できるようなビジョンは存在するのかどうか?
自分だけの都合でお相手探しをしているうちは中々、良縁には巡り合わないです。
結婚が遅れてしまっている原因の多くは実は「相手の選び方が下手」だということです。

結婚後の長い生活があるからこそ!

結婚相談所で婚活する利点の一つは「結婚したい人が目の前にたくさんいる」という事なのですが、その選択肢の多さが逆に「選び方が下手な人」をたくさん作ってしまっている様にも感じます。
チャレンジ精神で積極的に理想を追い求め、お申込みをする事が悪いのではありません。
ただし時間も掛かる事が多いし、険しい道になることも覚悟しなくちゃいけません。
また、釣り合いが取れない相手とは結婚後の生活の方が大変なのではないかと思いませんか。
逆に釣り合いが取れる相手とは、結婚後もバランス良く仲睦まじくいられる事も多いものです。
「自分を選んでくれそうな人を選ぶ」と釣り合いが取れそうですね。


10日に1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、無料相談の際に相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

■ 無料説明(相談) 空き日時一覧表 ■
reserve2

成婚が決められる4つの理由

幸せへのクローバー
♡ なぜ、サポート型の結婚相談所の婚活では3ヶ月で成婚を決められるのでしょうか?

サポート型の結婚相談所・縁マリッジには「3ヶ月で成婚が決められる4つの理由」があります。
ダラダラ、ズルズルとした恋愛にならない為にも1年婚活を目標に顔晴っていきましょう!