こんな時代だからこそ安心・真剣な婚活を

内閣府が発表した「令和二年度 少子化社会対策の現状」の結婚に対する意識についての話です。
2015年といえば6年前で多少資料は古いですが国による最新の現状を引用してみましょう。
「結婚願望」は10年前、20年前と実はそう大きくは変わっていないという事がわかりますね。
結婚適齢期の独身男女たちの親の世代と最も違ってくるのは「適当な相手にめぐり会わない」「「異性とうまくつきあえない」ではないでしょうか。時代は進歩しても出会い格差やコミュ格差はどんどん拡大しているように感じますね。

いずれ結婚するつもり」と答えた未婚者(18~34歳)の割合は、2015(平成27)年調査で男性85.7%、女性89.3%となっており、ここ30年間を見ても若干の低下はあるものの、男女ともに依然として高い水準を維持している。(第1-1-14図)

また、未婚者(25~34歳)に独身でいる理由を尋ねると、男女ともに「適当な相手にめぐり会わない」(男性:45.3%、女性:51.2%)が最も多く、次に多いのが、男性では「まだ必要性を感じない」(29.5%)や「結婚資金が足りない」(29.1%)であり、女性では「自由さや気楽さを失いたくない」(31.2%)や「まだ必要性を感じない」(23.9%)となっている。さらに、過去の調査と比較すると、男女ともに「異性とうまくつきあえない」という理由が増加傾向にあり、女性では「仕事(学業)にうちこみたい」、「結婚資金が足りない」という理由も増加傾向にある。(第1-1-15図)

「令和元年度 少子化社会対策の現状」より
図 未婚者(18~34歳)のうち「いずれ結婚するつもり」と答えた者の割合
「令和二年度 少子化社会対策の現状」より

ニューノーマルに対応した婚活

ざっくりといえば、結婚していない独身男女の中には「結婚したいという気持ちは十分にあるけど、適当な相手に巡り合うチャンスが少なく、また出会えたとしても異性とうまく付き合えない」という方々が増えてきたということでしょう。
そこにきて、昨年からの新型コロナ禍、そしてウィズコロナの世界の中で、ニューノーマルな生き方と向き合っていかなくてはいけない世の中になってしまいました。もうしばらく続くと思いますし、まだまだ先は長い様な気もします。

出会うチャンスは少ない上に、異性とお付き合いするコミュニケーションもそう得意ではない方々が多いのは、結婚相談所を長く運営していればわかることですが、最近の事ではなく10年以上前からのことです。今になって始まったわけではありません。だからこそ「婚活」という言葉が日本で誕生してからもう10年以上経ちますし、何かしら行動しないと結婚は難しい時代だと言われているのです。とはいえ、コロナ禍の今、出会うチャンスどころか誰とも出会わない日常の連続では、今後も結婚事情は大変です。

結婚適齢期の人にとっての1年は重い

とにかく新型コロナに関しては個人レベルでどうこうできることではありません。
しかし「結婚(適齢期)は待ったなし」だという事も、お子様が欲しい方々にとっては切実です。
ただでさえ、出会うチャンスが少なく異性とコミュニケーションとるのも得意ではない方々は、どういうシチュエーションがあればこれからの時代、結婚しやすくなるでしょうか?昔の様に親や親せき、あるいは職場でのお節介でしょうか?しかしそれは人間関係が希薄になってきた今の時代には少しそぐわない感じですね。

結婚活動なら結婚相談所です!

昨日、30代女性の方が年下の男性と良縁となり成婚退会の手続きにお越し下さいました。
ちょうど、今年の正月が明けたばかりの時期にお見合い日時が一度決まったのですが、女性側の職場の方の中からコロナの陽性の方が出てしまい、女性会員さんも濃厚接触者になってしまい2週間程度自宅待機しなくてはいけなくなり(幸い陰性でしたが)、それでお見合いが2~3週間伸びたという出会いの二人で、出会った最初から意気投合であっという間に成婚退会となったのでした。
デートはもっぱら車で移動でというパターンが多くなったようですがコロナ禍の中でも、とても楽しくお付き合いで来たようで、これからの事も今から忙しくなるけど、住む所や結婚式の話も少しずつ進んでいるようで幸せそうでした(*^-^*)

いつまでもお幸せに~♡

結婚相談所は真剣に結婚を考えている方だけの活動になります。
恋愛を楽しむことが目的の恋活アプリのようなマッチングサイトとは違います。
その為に、皆さん面倒だと思いますが、「独身証明書や源泉徴収票(男性)等」を提出して、マッチングアプリ恋活等よりは少し高額になりますが、その分、真剣度や安全性が高い「結婚に最も近い出会いの場所」になっているのです。

サポート型結婚相談所の役割とは

出会いが少ないことは解消されます!
それこそ無駄な出会いはありませんから、ある意味とても合理的です。
結婚を考えている人としか出会わないのですから!!その分、エネルギーは必要です。
異性とのお付き合いが苦手な方も、相談所のサポートがあるから安心です!
その分、自分と気が合う結婚相談所を選ぶことが大切です。
気が合う相談所、気が合う仲人(サポーター)の方からのアドバイスの方が勇気が湧きます!

縁マリッジのサロンの風景写真です

コロナ禍であろうとニューノーマルな時代になろうと結婚相談所の役割は変わりません。
それは、安心できる確かな出会いを「真剣に結婚を考えている方々」へ提供し続けること!
緊急事態宣言下の時にはZOOMによるオンラインお見合いも可能です。
最近ネットが苦手な機械音痴な男性会員が県外女性とのお見合いでオンラインお見合いデビューしてプレ交際になりました(*^-^*) デビュー前は私と練習しましたけど、なかなか楽しいものです(笑)

最良の出会いの方法は縁マリッジにあります

コロナ禍の中、二人で工夫してデートを考えていくこともニューノーマル婚活です!
どのような時代でも成功者はいます! 相談所の婚活もどのような時期でも成婚者は出るのです!
感染対策をしっかりとしてお互いに気をつけてデートをしていくことも「思いやり」です♡
そのようなお付き合いが出来るからこそ、昨年も今年も結婚相談所は成婚カップルが多いのです!
ひとりずつ、きちんと向き合う様な、一期一会を大切にする、お見合い婚活。
コロナ禍の時代こそ「縁マリッジの婚活」は最良の出会いの方法だと思います(*^-^*)

10日に1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、無料相談の際に相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、お気軽にご連絡(予約)下さい。

↓ 婚活中の友人・知人にこのブログを教えよう!

縁マリッジの全て がわかるページへ

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある結婚相談所・縁マリッジのBLOGです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。

婚活サポート&コース案内

縁マリッジの婚活サポート体制&料金コースへ

豪華な事務所、多大な宣伝や広告、業者作成のHPなど多大な人件費等の無駄を省き、皆様に安心な料金コースをご用意しております。
安価な遊び気分の金額で出来る、婚活アプリに比べると高いかもしれませんが、 その分、身元が保証された会員制なので結婚に対して真剣な方々は多く、また成婚が多いのが特徴です。