待つか?踏み込むか?その1歩は良縁への道~

結婚相談所に限った事ではありませんが、「待っている人」って多いように感じます。
仕事や遊びに関しては、行動的で積極的な方なのに、恋愛や結婚になると・・・?
傷つく事が怖いから、無意識のうちに「待ちの姿勢」になってしまったのでしょうか?
何かを言えば、多かれ少なかれ、傷つけたり、傷つけられたりする事はあるでしょう。 誰しも傷つきたくは無いから、自然に「言わぬが花」のような、待ちの姿勢になるのかもしれません。

結婚相談所は、真剣で誠実な方が多いからか特に「待ち」の方が多いような気がします。
しかし、相談所に入ったからといって、「受身」のままでは良縁はなかなか訪れません。
人生の中では「待つ姿勢」が大事な時もありますが、結婚では勿体無いことも多いです。
待つことで事態が好転する事もありますが、出来れば早期発見で動いてみては如何?
「待つ」あるいは「踏み込まない」ことって、とても勿体無いと思うのです。

例えば、「結婚したら○○あたりに住みたいな」という相手の発言が気になる交際初期の頃。
自分としては「○○あたりには住みたくはない」けど、相手の事がまだそんなに好きだと思えるような仲ではないから、お話し合いをする程の気持ちは湧かないし訊ねもしない。
基本的に「待つ姿勢」が楽だし、相手の事をそんなに好きになっていないんだから、相手の気持ちがそうなのであれば、いい人だけれど、この交際はお断りをした方がいいかな・・・みたいな話です。 嘘のような話ですが、似たような例はたくさんあるのです。

そのような段階で交際を「お断り」しようという方が実際にたくさんいるのですよね^^;
一言声をかけて話し合いをすれば「だったら貴方の希望の場所でもいいよ」になるかもしれないし、もしかしたら無意識の言葉だったりして「えっ?何の事?住む所なんて何処でもいいよ」かもしれません。 こんなところで、「縁」が切れてしまうのはとても勿体無いことだと思います。自分が納得いかない話や、譲れないような話だからといって、何も相手に確認しないで、どうも価値観や考え方が違うようなので 「ハイ、サヨウナラ」 では、とても勿体無いです。

相手の真意を確かめもしないで「私とは合わないようだ」では、誤診の可能性大ですよ(笑)
待っているだけではなく、一歩踏み込んで聞いてみれば何てこと無い事はたくさんあります。
会話とはそんなものです。ただ一方的に聞いているだけでは、お互いに損しますよ。
納得いかない時や「ん??」と思った時は、出来るだけ早めに相手に聞いて確認しましょう。
相手の方は、まったくの無意識だったり、軽い冗談だったりの時もあるでしょうからね。

まして交際初期と違い、互いに親しくなって結婚も視野に入ってきている時期なら尚更です。
そういった「掛け違い」「すれ違い」の考えを「摺り合わせる事」が夫婦の第一歩です。
かけ違いがあるのなら、その問題を2人でどうやって乗り越えてゆくか・・・??
2人で真剣に向き合い踏み込む事が、結婚に向かう道に続いてゆくのだと思います。
待っているだけでは、「かけ違い」や「すれ違い」に気がつくことは少ないです。
自分の人生がかかっているのです。待っているだけでは・・・・勿体無いですよ~~^^

福岡の結婚相談所縁マリッジ は、相談所の婚活方法や今の時代の結婚事情、
相談所の違いなど、わかりやすく説明しております。相談はもちろん無料。
無料相談時にセールス、勧誘などは一切しません。
メールやお電話で、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

婚活システムの無料相談へお越しください♬

10日に1組の成婚が誕生している、縁マリッジは無料相談の際に福岡の結婚事情や相談所での婚活方法をわかりやすく説明している「結婚に最も近い相談所」です。

メールかお電話にて、お気軽にご予約ください。
IBJ、良縁ネットの正規加盟相談所なので安心です。
※ 当日はお話だけしか致しません。