縁組&婚活の仕方【3】 ~出会いに感謝した時~

前回、そして前々回の話の続きです。

縁組&婚活の仕方も便利になりました(*^-^*)

縁組&婚活の仕方【2】 ~選び方 - 今昔~

釣書でお見合い相手探し

インターネットで検索出来ない時代、10数年前までは紙媒体のシステムが主流でした。
仲人さん達が自会員ひとりひとりの釣書(プロフィール)を作って仲人グループに持ちより、そこでアルバムを作り釣書交換をして事務所に帰って自会員へ打診してみる手作りのお見合いシステム。

ですから定期的に事務所に来て1時間以上時間をかけてアルバム(釣書をまとめたもの)を見て、自分がお会いしたい人を時間をかけて選び、その後は仲人さんに託すのです。
事務所で時間をかけて目を真っ赤にして(笑)、ひとりひとり真剣に探していたものです。

感謝の気持ちで出会っていました

それだけに相手からのYESが来てお見合いが出来る時は互いに「感謝の気持ち」の出会いでした!
出会う前から感謝の気持ちで出会うので良い出会いが多かったように感じますねー。
最近のスマホやPCで探せるお見合いシステムは確かにとても便利です。

自宅で自分の自由な時間にセキュリティ万全の会員検索システムで婚活ができるのですから。
それも次から次にそれこそ福岡にいながらにして、県外の方や東京の方まで探せるのです。
更には毎月何百人、全国では何千人と新しい会員さんが参加してくるのです。


変な欲(もっと、とか、まだまだ )が出てきます。

次がある、もっと良い人が、まだ素敵な人がいるかも、と選ぶのが難しくなる事もあります。
あるいは「もしかしたら会えるかも」と条件の良い人ばかりを選んで時間が掛かることもある。

強い意志を持っていないと条件の良い方ほどビックリするほどお見合いが出来ますので、「もっともっと」「まだまだ」みたいな変な欲との闘いにもなりかねません。
お見合いが出来ないのも大変ですが、出来過ぎても大変なのですよね。
出会えば出会うほど、お断りしたりされたりを繰り返してしまうのですから・・・・。

お見合いの数は多い方がいいのでしょうか?

無料相談時に「毎週お見合いできますか?」と無邪気に質問される方がいます。
もちろん積極的に行動される方や、条件が良い方はお見合いはたくさん出来ます。
しかしたくさん会うという事はたくさんお断りする(される)」ことなのです。

「会うは別れのはじまり」とか「さよならだけが人生だ」といいますが、
やはり出会いと別れがあまり多すぎるのも、いかがなものかと思うのです。
お断りされるのも辛いものですが、お断りする時だって疲れる時もありますからね。


相談所に登録した本来の目的は?

確かに会ってみないとわかりません。
とはいえ、あまりお会いし過ぎるのも良くはないと私は考えます。
本来の目的は何か?お見合いをたくさんする事ではないはずです!!

良い状態で、良い出会いに巡り合うことこそ、結婚相談所に登録した目的です。
お見合いがたくさんできる人も、またタイミングが悪くなかなかかみ合わない方々も、
あせらず、くさらず、めげず に淡々と婚活をして欲しいと願います。

出会いに感謝した時、婚活は終わる

たくさん、出会っている人が「楽しい婚活」をしているわけではありません。
たくさん出会う人はたくさん「お断り」をしなく(されなくては)てはいけないからです。
人にはそれぞれ、バイオリズムというかタイミングの縁みたいなのがありまして、「ご縁の波」が来る時があります。その瞬間を逃さない事が大事です!

たくさんお見合いをするぞ!よりも、良い人と出会えたら集中して顔晴るぞ!が大切です。
ひとつひとつの「出会いに感謝」出来るようになると結婚というご褒美が届くのだと思います。

縁マリッジの全て がわかるページへ

10日に1組の成婚が誕生している、福岡の結婚相談所 縁マリッジ無料相談の際に相談所の婚活方法をわかりやすく説明しています。説明時にセールス・勧誘などは一切しませんのでご安心下さい。
下記
メールかお電話にて、お気軽にご連絡(予約)下さい。

reserve2

■ 無料説明(相談) 空き日時一覧表 ■



投稿者プロフィール

enmari-takeichi縁マリッジ代表 武市潔
結婚相談所 縁マリッジ代表の武市です。
福岡で縁を紡いで20年になり、成婚カップルも500組を超えました。
豊富な経験と迅速なサポートで皆様の結婚を応援しています。

婚活システムの無料相談へお越しください♬

10日に1組の成婚が誕生している、縁マリッジは無料相談の際に福岡の結婚事情や相談所での婚活方法をわかりやすく説明している「結婚に最も近い相談所」です。

メールかお電話にて、お気軽にご予約ください。
IBJ、良縁ネットの正規加盟相談所なので安心です。
※ 当日はお話だけしか致しません。